RSS2.0

楽 々ブログ Google攻略  自 立ライフ PCあれこれ  飯 寿司

パソコンあれこれ
当サイトのコンテンツはBlogger,Live Writer,Picasa2で楽々ブログ作成法、Googleのサービス使いこなしガイド、自立生活への道、パソコン一般の技術情報、鮭の飯寿司の作り方ブログ編などです。
その他
●NHKテレビ「ためしてガッテン」で話題の「酒粕甘酒の作り方
●3D作成フリーソフ ト「Google Sketch Upの使い方
● 「北海道の回転寿司」 チェーン店をGoogleマップ付で紹介
これらは全てBloggerを使用して作成しております。


シュトーレン食べ比べ

2012年1月5日木曜日

2008年のさっぽろクリスマス ミュンヘン市でシュトーレンを買って以来、毎年食べて来たが、今年は食べ比べのため、3種類のシュトーレンを購入した。
六花亭のシュトーレンは2011/12/16にダイイチ スーパー八軒店で購入。
image
ロイズのシュトーレンは2011/12/20に丸井今井札幌本店大通館地下2Fで購入。
image
ファームデザインズのシュトーレンも同日丸井で(昨年は12/20)。
image
3社のシュトーレンをカットして並べて見ると、
image 
となるが、ロイズのレーズンの多さが目立つ。
最初に食べたのが六花亭のシュトーレン(1,500円)。柔らかくて甘い。まるでフルーツケーキのようだ。食べたとき感じるのはバニラ、バターの香り。
次はロイズ(1,732円)。原材料のトップがレーズンと言うだけあって、レーズンがぎっしり詰まっている。このレーズンとリキュールが特徴のシュトーレンで、食べ応えは十分。
最後はファームデザイン(1,000円)。この名前を知っている人は少ないでしょうが、しっかりとした作りだ。私がイメージしているシュトーレンに近い。生地の密度が高いので、噛み応えがあって生地の味が分かる。香りはシナモンが目立つ。時間が経つとだんだん熟成してしっとりと馴染んでくるとの説明を受けた。
各社それぞれ特徴があるので、どれがいいとは一概に決められないが、ロイズのシュトーレンが価格以上にビッグなのと味もいいので、ひとつ選べと言われればロイズを買うことになるでしょう。
●3社の原材料名
・六花亭
フルーツ砂糖漬(レーズン、オレンジ、レモンピール)、バター、砂糖、小麦粉、ローマッセ、卵、牛乳、イースト、水飴、生クリーム、乳製品、ラム酒、食塩、ナツメグ、シナモン、バニラビーンズ、香料 
・ロイズ
レーズン、小麦粉、バター、砂糖、洋酒、オレンジピール、レモンピール、マジパン、植物油脂、バターオイル、アーモンド、卵黄、イースト、脱脂濃縮乳、くるみ、はちみつ、食塩、コーンスターチ、脱脂粉乳、大豆粉、シナモン、乳たんぱく、乳化剤、香料
・ファームデザインズ
ドライフルーツ、小麦粉、ヨーグルト酵母、牛乳、バター、アーモンドプードル、卵、くるみ、アーモンド、砂糖、トレハロース、塩、シナモン、カルダモン、グローブ、ナツメグ、ラム酒 
●ファームデザインズが丸井今井札幌に出店している理由
昨年のシュトーレンの中に入っていた「ファームデザインズ スイーツ誕生秘話」によると
ある日、某百貨店のバイヤーさんがたまたま家族旅行でこの地方を旅してらっしやったとき、延々と牧草地帯が広がっていたところに、私たちのレストランがいきなり現れたため「何でこんなところに、こんなものが?」と興味をそそられたらしく、立ち寄って下さいました。
そして私たちのスイーツに大変感激され、「私、実は某百貨店のものなのですがこれ、うちの百貨店にもってきてもらえませんか?」とお声をかけてくださったのです。当人たちはびっくりです。「え!?百貨店に!?」思いもよらぬ提案に光栄やら、そんな大それた事を!とか、でもそんなに大量には作れないぞという混乱やら、頭の中は大騒ぎ。もちろん店も大騒ぎ‥‥‥
それが私たちのスイーツを世に送りはじめたきっかけの事件でした。
●その他のシュトーレン
2008/12/9さっぽろミュンヘン・クリスマス市でこのバターシュトーレンを購入したが、味は忘れてしまった。
image

●関連ページ
小樽のスイーツ